MIDV-383 同僚と素晴らしい夜を過ごしました...

 読み込み中 

仕事中に野々宮みさとから電話があった。大事な出張中だったが書類を忘れた。そこで野々宮みさとさんから会社の書類を持ってきて欲しいと言われました。仕事が終わった後はもう遅かったので、事前に準備をしていなかったので、私たちはここで一晩過ごすことになりました。この時、私は野々宮みさとが私をここに呼ぶために書類をわざと忘れた真の目的を知りました。セクシーなボディを使って私を誘惑し続け、私の敏感なスポットを知り、私の乳首とチンポをいじって、私は自分を制御できませんでした!夜から朝まで、片時も休ませてくれませんでした。何回射精したか分からない、美人女上司に精子を全部搾り取られたことだけを知った!

MIDV-383 同僚と素晴らしい夜を過ごしました...